包茎手術と性病治療

性感染症の原因の一つに数えられる包茎状態の陰茎を改善する手術があります。

包茎を治して性感染症予防

包茎とは一般的に、亀頭に包皮が覆いかぶさったままの状態のことを言います。
男性の場合子供の時には包皮が覆った状態でも、成長とともにはがれて正常な状態になるのが普通ですが、20歳超えても包皮が覆いかぶさった状態であればそれを包茎といいます。
包茎のはっきりとした原因は不明ですが、遺伝によるものもあるようです。
ちなみに日本人の約70%は包茎だと言われています。
包茎はそのままにしておくと亀頭に包皮が覆っているので常に蒸れた状態になり、雑菌が繁殖しやすくなるのでとても不衛生になります。
また性感染症にかかる確率も高くなります。
パンツを脱いだ時に悪臭がするような場合には、相当雑菌が繁殖している状態ですのですぐに治療を行う必要があります。
包茎の治療方法については軽い包茎の場合には、包茎矯正グッズが通販などで販売されていますのでそれで治療をすることが可能です。
しかし症状がひどい場合には、やはり専門のお医者さんに手術してもらうことが必要です。
自分で包皮をむく方法もありますが、お風呂場やトイレなどでやるとかえってばい菌が入り込んで良くありません。
包茎を治して性感染症予防をするためにもまた愛する人と接触する時にトラブルにならないためにも、正しい治療方法で包茎を治療することが大切です。
包茎の手術費用は専門の病院やクリニックによって異なりますが、だいたい10万円前後で行ってもらえます。
また包茎には心の問題もつきものですので、手術前にはカウンセリングを受けることができる病院やクリニックで包茎手術をしてもらうのが良いでしょう。
ところで包茎手術の場合、真性包茎やカントン包茎の場合は保険が適用されますが、仮性包茎の場合には保険が適用されませんので手術費用が高額になります。

性病治療には様々な治療薬が使われます。
バルトレックス
性病に関連もある
HIV 検査
クラミジアはこれで解決!
ジスロマック 通販