性感染症の原因の一つに数えられる包茎状態の陰茎を改善する手術があります。

微熱とのどに違和感があったらクラミジアかも?

軽い微熱と喉の痛みが生じていたら、課税を引いたのかと思うのが普通かもしれません。

しかし、実は日本で一番感染者が多いクラミジアの初期症状の可能性もあります。

クラミジアは、クラミジアトラコマティスという病原体によって感染し、感染者の粘膜や体液から感染します。
あまり症状が出ない場合が多く、自身が感染していても気づきにくく知らないうちにパートナーや家族に感染源を広げていることもあるので注意が必要です。

感染すると、男性の場合は尿道に感染するので膿や微熱が出たり排尿痛を伴うことがありますが、女性の半数以上は症状に表れることは少なく、感染に気づかずに放置すると子宮外妊娠や不妊の原因になります。

また、クラミジアはオーラルセックスによっても感染します。
性風俗などに通って、男性の陰茎から女性従業員ののどに感染したり、女性従業員ののどから男性の陰茎に感染することもあります。

のどへの感染と性器への感染は感染部位が異なるため別個の扱いになりますが、性器クラミジアを発症している女性の10~20%の割合でのどにも感染している場合があるようです。

自身が感染している場合、パートナーも感染している可能性が高いので、一緒に治療を行う必要があり、出産時の母子感染を防ぐために、妊婦検診にはクラミジア検査を含まれています。

それ以外に、クラミジアに感染しているとHIVなどのほかの感染症にかかるリスクも普通の人に比べて3~5倍ほど上がると言われていますので、早期治療することが望ましいと言えます。

微熱とのどの痛みだけで風だと判断すると、後で痛い目に合う可能性がありますので、自覚症状があり性風俗に通っている男性は一度クラミジアの検査を受けることをおすすめします。