性感染症の原因の一つに数えられる包茎状態の陰茎を改善する手術があります。

Monthly Archives: 9月 2014

性病は、細菌やウイルスが感染することで起こります。
そのため治療には、細菌やウイルスを殺す抗生剤や抗ウイルス剤が必要になります。

抗生剤や抗ウイルス剤は、病院で医師の診断を受けることで、薬局で処方されます。
つまり医師とはもちろん、処方する薬剤師とも、顔を合わせることになるわけです。
そして診察時には、陰部を医師に見せる必要があります。
薬局では、陰部への塗り薬の使い方などを、窓口で説明されることになります。

それらを恥ずかしいと感じる人は多いです。
そのため性病になっても、恥ずかしくて病院を受診しない人もまた、多くいます。

しかしそれでは性病は治りませんし、症状がおさまったとしても再発するリスクが非常に高いです。
原因となっている細菌やウイルスを排除しない限りは、性交渉も安心しておこなえません。

しかし昨今では、性病治療薬はパソコンから買えるようになりました。
抗生剤も抗ウイルス剤も、日本では市販されていませんが、海外でなら購入が可能です。
そのため海外から個人輸入をするか、輸入している業者から購入すれば、医師や薬剤師と顔を合わせることなく手に入れることができます。

服用や塗布は自己責任となるので、用途や用法を守り副作用に気をつける必要がありますが、自宅で性病治療ができるため、利用している人は多くいます。