性感染症の原因の一つに数えられる包茎状態の陰茎を改善する手術があります。

Monthly Archives: 10月 2014

通常日本で処方される医薬品は日本人の特徴に合わせて用法用量が決められているものです。日本で承認されていない海外医薬品は日本人に適合するのかというと、かなり難しいものになります。海外医薬品は外国人の体格や代謝に合わせてつくられており、日本人にとってこの海外医薬品を服用すると、用量が過剰になり、思わぬ副作用を引き起こす可能性があります。日本で海外で売られている医薬品を承認する場合は、きちんと日本人の用法用量を確認してから、初めて承認が得られるものです。人によっては、個人で輸入して海外医薬品を使用していることもあります。しかし、日本で承認されていない以上自己責任という形で使用することになります。そのため、副作用が起こっても責任の所在がなく結果として自己責任ということにもなりかねません。現在海外では売られているものの日本ではまだ出ていない医薬品はかなりあります。その医薬品には、患者が発売を待ち望んでいるものもあったりします。それがすべて日本人に適合するのかというと、これから試験を行ういうものも多いのが現状です。早く使用したいという気持ちもありますが、日本人にあった用法用量で使用することで、日本人にとって適切な効果が得られるのです。

個人輸入で買う薬は、そもそも厚生労働省において未承認となっている薬です。
つまり法に基づく安全性・有効性が日本においては未確認である状態にあります。

但し一切の法の影響下に無いというものでは無く、麻薬に該当する成分を含むようなものはそもそも輸入出来ませんし、重大な健康被害を孕む可能性があると指摘される薬剤については医師の処方箋が無ければ輸入する事が出来ません。
また海外においては既に安全性が確認された薬も多い事や、ジェネリック医薬品に該当する薬剤であれば日本で承認されている薬剤に類似している場合も多く、殆どの場合は安全性については一応の担保はされているものと考える事が出来ます。

但し、一部の薬剤を中心に模造品が多く出回っているケースがある、明らかな副作用が起きた場合でも個人輸入の場合は自己責任の原則が強く働くので制度上の救済の対象にならないといった点から、思わぬ不都合を生じる事が有り得るのもまた事実です。

従ってより高い安全性の確保の為にも、購入を検討する薬剤に関する事前の調査や、運搬面での代行を行ってくれる業者の選定は特に重要であると言えます。
また使用の際においても、少量から様子を見るといった安全に配慮した用法が望ましいと言えます。