性感染症の原因の一つに数えられる包茎状態の陰茎を改善する手術があります。

Monthly Archives: 11月 2015

クラミジアの治療費は平均4回の受診で健康保険が適用されて7千円程度なので、1回あたりの治療費は2千円程度になります。クラミジアは身近な性感染症なので定期検診や早期の治療が重要なのですが、早期治療をすることによって重症化を防ぐことができるので、クラミジアの治療費は発見が早いほど安くすることができます。重症化をすると女性の場合は肝臓にまで感染するので入院治療になるとこの金額の数倍の治療費が必要になります。将来的なコストを考えると不特定多数のパートナーとのセックスをしている若い女性はstdチェックによって感染の有無を確認して感染している場合にはすみやかに性病科や泌尿器科を受診して治療を行うことが大切です。stdチェックはインターネットを利用して気軽に行うことができるので、プライバシーを守ることができるのですが、検査をするために1万円以上の費用がかかるので病院で検査をするほうがstdチェックをネットで行うよりもコストがかかりません。stdチェックの料金は業者によって異なっているのですが、検査項目が多くなるとその分だけ料金が高くなる仕組みなので、クラミジアの感染を検査する場合に口腔内と性器内の粘膜を検査すると性器だけの場合よりも価格が高くなります。健康保険が適用されていないので病院で即日検査をするよりもかなり高い料金になるので、性病科の病院に通院することが可能な場合には病院で検査をするほうがコストパフォーマンスが良くなります。クラミジアの感染が確認されると病院でもう一度精度の高い検査が行われるので、stdチェックを行っても結果的には再度検査を受けることになります。また血液検査によってクラミジア抗体の有無も調べるので性病科に通院できる場合には実際に通院をして医師の診察を受けることで治療費を安くすることができます。