性感染症の原因の一つに数えられる包茎状態の陰茎を改善する手術があります。

Monthly Archives: 2月 2016

クラミジアはクラミジアトラコマチスという細菌が繁殖し、強い感染力を持つ性病の1つです。

クラミジアは10~20代の若い男女によく見られる性病で、現在性病の中で一番数が多い症例です。

その原因は性交渉の弱年齢化によって、あまり性病の知識を持たずに過激な行為をしてしまうことです。

オーラルセックス、アナルセックス、ディープキスなど粘膜を通じて感染し、その感染力は1度の性交渉で50%とも言われています。

たとえば結婚している夫妻でも、結婚する前まではパートナー以外の人と、性行することもあります。

さらにネットやスマホなどの出会い系サイトを利用して、男女の出会いに広がりました。性交渉はパートナーとの距離を深めるための大切なコミニュケーションとなりますが、過激な性交渉をすることによって、性病になってしまってはもともこもありません。

クラミジアは感染したばかりのときは、自覚症状はあまりないために自分が性病に感染しているという意識がありません。

そんなときに夫妻で子供を作ろうと思って性行為したことによって、クラミジアに感染、何も治療をしないともしかしたら不妊症になる恐れもあります。

女性の場合、おりもの量が増えたり、色が変わったり、異臭がしたらまず、クラミジアに感染していないかどうか検査しておいたほうが安全です。

婦人科でももちろん、病院でいきづらかったらネットでキットを買って調べることもできます。

そのとき夫妻でやっておけば、より安心です。女性はおりもの、男性は尿検査をするだけで調べることができます。

クラミジアは男性の尿道にいることが多く、尿検査で検出されるとリスクが高まります。なので尿検査で異常が出なくなってから出産計画を立てたほうが、安心できます。