性感染症の原因の一つに数えられる包茎状態の陰茎を改善する手術があります。

Monthly Archives: 3月 2016

性病にはHIV、淋病、梅毒などいろいろありますが、もっとも感染する人が多いのがクラミジアです。

クラミジアは10~20代の若い人が感染することが多いと言われています。というのは最近、年々性交渉の年齢が若年化してきて、あまり性の知識がないのに、気軽に性交渉してしまう若者が多いからです。

性交渉はコミニュケーションとしては大切ですが、望まない妊娠、怖い性病感染など十分な知識と責任がないと悲劇を生むことになります。

クラミジアは女性なら子宮けい部や膣、男性には尿道にすみついている最近で、オーラルセックスやディープキスなどで感染されるとされています。

その予防のためにはなるべくそのような行為をさけたり、昨今過激な成人向けビデオに触発されて真似したりしないことです。

たとえば彼氏に男性器をなめるように促されても、性病のことを考えればやめたり、コンドームをつけてもらって予防することも大切です。

さらに安易に不特定多数の人と性交渉しないように予防し、自分の体を守ることも大切です。

クラミジアは感染してもなかなか自覚症状が表れず、なにかおかしいいなと思い検査してみたら見つかることもよくあることです。

なかなか性病についての知識を持っている人はいないので、彼氏と一度話しあってみるのも大切です。

クラミジアが進行すると、その細菌のためにさまざまな重篤な症状がでることもあります。

たとえば子宮外妊娠や不妊症などです。愛する彼氏の子供が欲しいと思っても、赤ちゃんが性病のためにできなかったら残念なことです。

クラミジアをはじめ性病の正しい知識を持ち、もし罹患してしまったら、しっかり完治するまで治療をすることが大切です。

2次感染を広げないように、責任をもった行動をするべきです。